心を癒すマッサージ・カルナーキュア

セロトニンに期待できる効果

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンの輿走を抑え、心のバランスを整える作用のあるホルモンです.これが不足すると身体・精神の両面に様々な影響を及ぼします。逆に満ち足りていればストレスによる緊張状態を落ち着かせ、極端な心の乱れを安定させます。

セロトニンのもたらす作用はたくさんあります。そのひとつに、本来自分が持っている考察力や判断力を最大限に発揮させ、理態的な覚醒状態を作り出す効果があります。

姿身を保つ「体重力筋」を刺激するする作用は姿勢を良くし、表情も明るくしてくれます。また沈痛作用もあり片頭痛や関節痛を抑制します。

さらに不定愁訴・冷え性・睡眠障害・更年期障害などの大きな顧因になっている自律神経の乱れも整えます。

オキシトシンに期待できる効果

オキシトシンに期待できる効果

セロトニンと並び重要とされているのは、スキンシップやグルーミングによって分泌されるオキシトシンというホルモンです。

このホルモンの働きが悪いと、人に馴染みにくく孤立的に振舞うようになり過度に厳格になるなど極端な反応をしやすくなります。

逆に、オキシトシンの働きが活発だと不安やストレスを感じにくく対人関係に積極的になり、人に対して優しく寛容になります。この働きには大きな個人差があり、それがストレス耐性の違いになります。

セロトニンとオキシトシンの分泌を促す新しい癒し

脳から癒す新しいセラピー

オキシトシンとセロトニンは「癒しのホルモン」「幸福ホルモン」とも言われます。この二つが十分に分泌される生活は脳の疲れを癒し、心に充足を与えてくれます。

カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。

オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

認知科学者苫米地英人博士からご推薦いただきました

苫米地英人氏 1959年、東京生まれ。認知科学者(計算言語学・認知心理学・機能脳科学・離散数理科学・分析哲学)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。

マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

現在は米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」を日本向けにアレンジ。日本における総責任者として普及に努めている。著書多数。

[出典]苫米地英人公式サイト
[画像]TPIジャパン公式サイト

苫米地英人氏 著書一覧

カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。 オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

 

カルナーキュア株式会社

会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-18-4 渋谷3丁目ビル10階 / 電話03-6427-7944
Copyright © Karunã Cure co. ltd., All rights reserved.

ページトップへもどる↑

スタッフ募集

大阪オープニングスタッフ募集