心を癒すマッサージ・カルナーキュア

心が強い人は「無感情」を習慣にしている
ー簡単!マイナス感情はこうしてリセットするー

悩みの最大の理由は「マイナスの感情」

心が疲れる最大の原因は、「マイナスの感情」です。ムカついたり、緊張したり、落ち込んだりといった負の感情におそわれると、やる気を失い、物事に集中できなくなります。こうしたとき、多くの人が「元気を出そう」「楽しもう」と考えます。「憂さ晴らしにお酒」とか「ストレス解消にスイーツを」「気分転換についネットサーフィン」。ただ効果は一時的で度をすぎると健康を害したり時間をムダに使い余計にストレス・モヤモヤが増す、というのはよくある話。ブッダの発想は違います。マイナスの感情を癒す秘訣は「感情のない状態をとりもどす」こと。つまり怒りも喜びもない“ニュートラルな”精神状態――ここに戻れるようになったら、心は劇的に健康になります。

感情のないニュートラルな状態がなぜ大事かというと、それが「心の基本」だからです。実は、感情には3種類しかありません。

①快の反応 ―― 喜び・うれしさ・楽しさなど

②不快の反応 ―― 怒り・不満・憂鬱・くやしさなど

③快でも不快でもない“ニュートラルな”状態

このうち人が追いかけるのは①の快=喜びの反応です。食べる、遊ぶ、他人の評価・リアクションを求めるなどです。もともと心には、承認欲も含めた「欲求」があります。だから人間は、つらいときや疲れたときでも「欲求の満足」を求め、ごく自然に「快の反応」――楽しいこと・快楽――を求めます。しかし、快の反応は「長続きしない」そして「すぐ元に戻る」もの。現実に引き戻されたとき、そこに待っているのは「不快な反応」です。仕事がうまくいかない、人間関係が苦手、人の目が気になる、失敗して落ち込んでしまう……。日々の生活の中では、不快な反応のほうがむしろ多いのが現実です。つまり私たちの日常は「快を追いかけながら、実際には不快に反応してばかり」。人はいつだって「感情に振り回されている」のです。

現代人は、感情の「反復横跳び」で疲れきっている

しかし、「快か、不快か」しかない日常はかなり疲れます。昔学校でやった「反復横跳び」を思い出してください。端から端まで速足で移動する――人間は「感情」で同じことをやっているのです。ムカッとして、楽しんで、褒められると舞い上がって、叱られると凹んで……こうした感情的な反応を、休むことなく繰り返し。しかも「真ん中」(ニュートラル)が抜けている(!)。これで心が消耗するのは、ごく自然ですよね。「疲れているな」と思ったら、「感情で反応しすぎているのかな」と考えてみてください。「これからは、感情で反応しない。“ニュートラルな心”を大事にしよう」と唱えましょう。この発想が、これからの人生を変えます。ラクに過ごせる時間が増えていくのです。

ニュートラルな心に帰るプチ修行

さて、ニュートラルな心にはどうすれば成れるのでしょうか。コツは、「感覚に意識を向ける」こと。深呼吸して、①鼻孔の感覚や、②おなかのふくらみ・縮みを感じ取る。最近、注目を浴びているマインドフルネスです。そしてその元祖はブッダです。「感覚に意識を向ける」という発想は、いろんな形で応用できます。

①手をグーと握って、パーと開く。その「手の感覚」を意識する。



②「吸う」を「1」、「吐く」を「2」と数えて、10まで数える。

(感情をリセットするために、50、100まで数えてもOK)

③道を歩くときに、歩数を1、2と数えて、100までやってみる。

「感情で反応しない。ニュートラルに帰る」ことを方針に、試してみてください。ちなみに「感情がない」状態といえば、禅の修行僧や、試合に挑むアスリートを思い浮かべるかもしれません。禅僧がめざすのは悟り。アスリートがめざすのは、最高の成果・勝利です。このとき「感情的な反応」は、邪魔にしかなりません。こうした心掛けは私たちの日常にも欠かせません。作業に集中する心。相手をよく理解する心。ムダな考えに気を取られない心。人前で緊張しない心。落ちこまない心――。こうした心の「土台」を作るのが、ニュートラルな精神状態なのです。ニュートラルに戻ることができれば、そこから「ポジティブな方向に」考えることも可能になり、元気も回復していきます。「ネガティブ」からいきなり「ポジティブ」にもっていこうとするのは間違いです。「ニュートラル」から「ポジティブな反応」に向かうのがムリのない道です。

ちょっとした心掛けで、心は劇的に回復する

例えば雨の日はチャンスです。駅のベンチに座って「プチ座禅」をしてみましょう。目を閉じて雨の音を聞きます。だんだんニュートラルな境地に入っていきます。もし感情で反応するだけなら、「雨の日ってジメジメしてイヤだな」と思うかもしれません。でも「感覚を意識する」発想に立てば「空気の潤い」を感じることができます。これは、緑深い禅寺で目を閉じているのと、実は変わらないのです。感覚を意識できれば気が滅入りそうな雨だって心を浄化することに使えるのです。これぞプチ座禅。他にも簡単に実践できることがあります。暑い日には、コンビニの冷気に当たって気持ちをリセットする、冷やしたビールやスムージーで気分を変える。こうした日頃のちょっとした動作を「感覚を意識して」やる。そうすることでマイナスの感情をきれいにリセットするのです。いつでもできる心の健康回復術です。辛いことがあるのは頑張っている証拠。そんな自分を、責めず、裁かず、感情で反応せず、そっと受けとめてあげましょう。イザ、プチ修行!

出典:東洋経済ONLINE

カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。 オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

 

カルナーキュア株式会社

会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-18-4 渋谷3丁目ビル10階 / 電話03-6427-7944
Copyright © Karunã Cure co. ltd., All rights reserved.

ページトップへもどる↑

スタッフ募集

大阪オープニングスタッフ募集