心を癒すマッサージ・カルナーキュア

心が強い人が持つ「他人に反応しない」技術

ビジネスでは、「結果」がシビアに求められます。上司の評価、会社の査定、周囲の評判……気になるものです。そんな合間に開くパソコンやスマホ。「ネットサーフィンでアタマがボーッとする」「SNSを眺めたあとに寂しさを感じる」「フォロワー数やいいね!の数が気になって疲れてしまう。仕事でもプライベートでもストレスやモヤモヤが溜まる毎日。こうした現代人の悩みを解消できる方法をブッダは教えてくれます。

認められたい願望

最初に「承認欲」――認められたい願望――について考えてみましょう。実はこれが、現代人のあらゆる悩みのタネだからです。承認欲が強いばかりに勝ち負け・優劣を気にする人や、「自分には認められるだけの能力がない。だから自分がキライだ」という人が大勢いるのです。しかしブッダは承認欲を否定しません。欲求を否定すればむしろ抑圧や不満という新しい悩みを生むおそれがあるし、「認められたい」という願いが仕事のモチベーションになることもあるからです。では、どうすれば良いのでしょうか。

「ある」ものを「ない」と考えてはいけない

ブッダは承認欲を「否定せずに、まず理解する」という立場に立ちます。「理解する」とは、「ある」ものは「ある」と、冷静に客観的に認識すること。「自分の心に承認欲がある。」と理解してみます。すると「認められたからといって、それが何?」と考えることも可能になります。この「まず理解する」という発想は、悩みを解決する上でかなり効果があります。その後、「合理的に考えていく」ことが可能になるからです。すると、「悩み」の正体もはっきり見えてきます。たとえば、

  • 認められたい⇒自分の価値を確かめたくて「つい周りと比較してしまう」(落ち着かない)
  • 認められたい⇒自分は有能だ、優れていると思い込む(プライドが高く、人の話を聞けない)
  • 認められたい⇒妥協できない。「完璧主義」になってしまう(自分も周りもしんどい)
  • 認められたい⇒評価されない現状に不満があり、その怒りをライバルに向ける(嫉妬)
  • このように悩みの正体を理解することで、「ではどう考えればいい?」という具体的な解決のステップに入っていけるのです。悩みの原因を「理解」し、そこから「抜ける」(ラクになる)ための方法を考えます。例として、ここでは「嫉妬」を取り上げてみましょう。嫉妬の正体は、「承認欲不満」という怒りを第三者に向けている状態です。

    承認欲の不満がある ⇒ その怒りを第三者に向けている

    こう理解すると嫉妬というのは「怒りを第三者に向けている」というのは「やつ当たり」と同じだとわかりますね。じつは、嫉妬に「相手は関係ない」のです。では「合理的」に考えると、どうなるでしょうか?

    承認欲の不満がある ⇒ どうすれば認められるか?(方法を考える)

    つまり、認められるために自分は何ができるか、何をすべきかという「方法」を考え、その方法を実行しようという方向になります。こうすると「嫉妬」は「自分のモノゴトに専念するための前向きなエネルギー」に転換するのです。

    悩みを生む「ムダな反応」していませんか

    ブッダの考え方の特色は、「肯定」も「否定」もしないこと。いい悪い、勝ち負け、優劣を作り出すのは、「判断」だからです。判断によって優越感をもつこともあれば、コンプレックスに悩むこともあります。「判断こそが悩みを生んでいる」と理解して、「ならば、ムダな判断はしない」という「考え方」に立つのです。そして、「何をめざすかは人それぞれ、目的は個人が選んでいい」というオープンな立場に立つことです。大切なのは、「悩み」が出てきたときです。私たちの日常は「悩み」に満ちています。仕事、他人の評価、ネットやメディアにあふれる情報「つい反応」し、ストレスや虚しさを感じて疲れているーそれが多くの人の「リアル」です。こうした悩み・空しさから脱出するには「もう、ムダな反応をしない」と決心するしかありません。その方法を一部紹介しましょう。

    ①心の状態を理解する・瞑想のススメ

    デスクの前でも、電車の中でも、目を閉じて「心を見つめる」時間を作ります。「怒り」を感じているときは、胸のあたりを見つめて「怒りが湧いている、怒りがある」と、冷静に理解するようにします。動揺したときには、「動揺しているな、落ち込んでいるな」とありのままに理解します。大事なのは、「腹を立ててはいけない」とか「動揺してはいけない」と「否定」しないことです。そのために、アタマの中で「怒りがある」「動揺している」と客観的に“言葉で”確かめるとよいでしょう。こうして、「心の反応を理解する」にとどめて「それ以上に反応しない」ように心がけるのです。最初は難しく感じるかもしれませんが、だんだんできるようになります。

    ②カラダの感覚を意識する・禅のススメ

    仕事の合間に目をつむって深呼吸をして「お腹のふくらみ・縮み」を意識します(初めての人は手のひらをお腹に当てて「ふくらんでいる、縮んでいる」と意識するとよいでしょう)。また出勤途中の「歩いている足の裏の感覚」を意識します。右足、左足、右足……と歩きながら、足の裏を感じ取ります。こうして「カラダの感覚」に意識を向けることは、ムダな反応を洗い流す効果テキメンの方法で、「坐禅」や歩く坐禅と言われる「経行(きんひん)」と同じです。ぜひ試してみてください。

    出典:東洋経済ONLINE

    カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。 オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

     

    カルナーキュア株式会社

    会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-18-4 渋谷3丁目ビル10階 / 電話03-6427-7944
    Copyright © Karunã Cure co. ltd., All rights reserved.

    ページトップへもどる↑

    スタッフ募集

    大阪オープニングスタッフ募集