心を癒すマッサージ・カルナーキュア

眠れないときの切り札!?「4-7-8呼吸法」とは

明日から仕事なのに、休み中の不規則な生活がたたって寝付けない……。
仕事や人間関係などいろいろなことが気になって眠れない……。
そんなときストンと眠れる方法があったらどうでしょう。それが「4-7-8呼吸法」です。

正しい呼吸でリラックス!

次の4つのステップを3~4回以上繰り返します

  • 1) 口から完全に息を吐き出す
  • 2) 口を閉じて鼻から4 秒間空気を吸い込む
  • 3) 息を7 秒間止める
  • 4) 8 秒かけてゆっくりと口から息を吐き出す

秒数は目安です。心の中でゆっくりカウントしながら無理のない範囲で行います。口から息を吐くときは舌先を上あごに当て、フーッと音を立てるようにします。

この呼吸法は肺の中に効果的に空気を取り込むことができるため、全身に酸素が行き届く手助けになります。また、心拍数が穏やかになり副交換神経が刺激され、リラックス状態に導かれます。呼吸がいわば鎮静剤のような効果を発揮し、心身の緊張状態から解放され眠りにつきやすくなるのです。

日常生活にもメリット!
仕事や日常生活で緊張やプレッシャー・イライラを感じるときにも効果的です。

ポイントは、鼻でゆっくりと深く空気を吸い込むこと。
人は緊張やストレスにさらされると呼吸が浅くなり、鼻ではなく口で呼吸しがちになります。
ひどい場合は過呼吸の状態になっていることもあります。

いつもイライラやストレスを感じる人は自分が口で呼吸しているかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 朝起きたときに口が渇いていたり、のどがヒリヒリする
  • 口を閉じるとアゴに梅干しのようなシワができる
  • 食べるときにクチャクチャと音が出る
  • いびきや歯ぎしりがある
  • タバコを吸っている
  • 激しい運動をしている

口呼吸が招く悲劇、免疫力の低下。
空気を吸うときに、鼻は異物の除去や適度な湿気を与えるなどの重要な役割を持っていますが、口呼吸ではこうした役割が果たせません。また口呼吸によって殺菌や洗浄機能を持つ唾液が乾燥すると、むし歯や歯周病、強い口臭になりやすくなるほか、免疫機能を持つ扁桃リンパ組織も菌やウイルスに感染しやすくなります。

もうひとつが容姿への悪影響です。
口をポカンと開けている状態はそれだけで決して美しいとはいえませんが、長年口呼吸を続けると、口周りに締まりがなくだらしのない顔つきになったり、歯並びが悪くなったりします。
最近増えているといわれるアゴがなく、唇の突き出た顔つきの「アデノイド顔貌」は、口呼吸が影響しているとの指摘もあります。口ではなく鼻で呼吸をすると、口周りの筋肉が自然に鍛えられ、顔全体が引き締まった顔になるため、より若々しい印象になると考えられます。

人が一生のうちに行う呼吸は、実に6億から7億回。呼吸の仕方ひとつで健康や美容にも影響しかねません。できるだけ正しい呼吸法を身につけて、健やかで生き生きとした日々を過ごしたいですね。

Mocosuku Woman 眠れないときの切り札!?「4-7-8呼吸法」とは

カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。 オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

 

カルナーキュア株式会社

会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-18-4 渋谷3丁目ビル10階 / 電話03-6427-7944
Copyright © Karunã Cure co. ltd., All rights reserved.

ページトップへもどる↑

女性スタッフだけの便利屋

スタッフ募集