心を癒すマッサージ・カルナーキュア

鬱にならないために知っておくべき「3つのコト」

“人生の転機” を迎えた時は、自分を慰め、思い切り泣く

無理に不安を抑えこもうとして余計に辛くならないよう、自分の気持ちを上手くコントロールすることが大切。以下のような大きな出来事が起こった時に心身ともに違和感を感じたら、すぐに誰かに相談しましょう。必要であれば病院に行くことも検討すべきです。

○大切な人を失う ○失業する ○地震、竜巻、洪水、火災などの自然災害に遭う ○結婚、子育てに悩む ○虐待を受ける ○レイプ、暴行、強盗など暴力的な体験をする

悲しいことは悲しいと素直に感じ、「大変だったね」と自分を慰めてあげることが必要。
泣きたいと思ったら、我慢せずに泣いてください。

胃腸に“違和感” を感じたら診察も要検討

胃腸の調子も「うつ病」と密接に関わっています。

“自暴自棄” な行動が目立ったら心が病んでいる証拠

自分をコントロールできていない「サイン」は数多くあります。

○すべて“自分が悪い” と思ってしまう ○お酒に依存する ○過食 ○過度な節約 ○運動したくても体が動かない ○眠れない ○優柔不断になる ○浪費 ○遅刻が多い、部屋が汚い ○他人に依存 ○人に当たる、暴力を振るう

行動は感情とリンクしています。不安や落ち込みは必ず行動に出て、そのまま放置すると取り返しがつかないことになる可能性も。

克服するためには?

○心理療法を受ける ○自分を愛することを学ぶ ○座禅や瞑想をする ○健康的な食生活、適度な運動、十分な睡眠をとる ○ストレス解消法を見つける ○自分を愛してくれる人の存在を知る

時間は必要ですが、うつ病は必ず克服できます。

2015年9月25日 TABILABO

カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。 オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

 

カルナーキュア株式会社

会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-18-4 渋谷3丁目ビル10階 / 電話03-6427-7944
Copyright © Karunã Cure co. ltd., All rights reserved.

ページトップへもどる↑

女性スタッフだけの便利屋

スタッフ募集