心を癒すマッサージ・カルナーキュア

「お酒を飲むとよく眠れる」はウソだった

「よく寝付けるような気がするから」という理由で、寝る前にお酒を飲むのが習慣化していませんか? 仕事の疲れを癒すのも大切ですが、飲酒で睡眠の質が落ちてしまうことがわかってきました。睡眠評価研究機構の代表で医学博士の白川修一郎氏によると、「お酒は、睡眠にとって百害あって一利なし」とのこと。今回は、睡眠専門メディア「Fuminners(フミナーズ)」の記事より、お酒と睡眠が相成れない理由についてご紹介します。

お酒を飲むと眠くなる原因は、アルコール自体に眠くなる作用があるわけではなく、覚醒が妨害されているから眠くなるのだそうです。

アルコールには睡眠を直接引き起こす作用はありません。実は、多量のアルコールによって覚醒が抑制されているだけで、レム睡眠や深い睡眠は減ってしまうのです。また、アルコールが代謝されると、中途覚醒が増えて眠りが妨害されます。そのうえ、交感神経(自律神経系のひとつ)も休息しないので、朝起きたときに疲れがとれていないと感じる原因にもなります。

さらに、毎晩のようにお酒を飲んでいるとアルコールへの耐性ができるので、「寝つきがよくなる」「深く眠れる」と感じる錯覚効果はなくなります。これが、アルコールの摂取量がどんどん増えてしまう一因になるのです。

アルコールの作用は長続きしない

寝る前にアルコールを飲んで「睡眠薬の代わり」にしている人も多いかもしれません。
でも、白川博士によると、眠くなる効果は持続しないそうです。

寝酒を睡眠薬の代わりにする人もいますが、微量のアルコールは脳を興奮させ、寝つきを妨害します。少量のアルコールで寝つきがよくなったように感じても、5 日ほどで耐性ができてしまい、効果は長続きしません。

また、アルコールの利尿作用によって、お手洗いで起きてしまうことが多くなるのも問題です。
それでは、夜のお酒にはどうやって付き合っていけばいいでしょう? 白川博士によると「就寝3時間前からは飲酒しないこと」を心がければ、お酒との上手な距離を保ち、睡眠の質を保てるそうです。

出典:lifehacker(ライフハッカー[日本版]編集部) 2015/04/16

カルナーキュアでは、セロトニン・オキシトシン研究の先進国スウェーデンで医療行為として広く普及している「スウェーデン式ハンドセラピー」を導入。 オイルを使い、手の皮膚をやさしく、ゆっくり柔らかく包み込むように肌に触れることで脳に働きかけ、セロトニンとオキシトシンの分泌を促し、新しい癒しをもたらします。

 

カルナーキュア株式会社

会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-18-4 渋谷3丁目ビル10階 / 電話03-6427-7944
Copyright © Karunã Cure co. ltd., All rights reserved.

ページトップへもどる↑

女性スタッフだけの便利屋

スタッフ募集